2018年5月18日金曜日

ネガティブワード禁止!!

僕たちの生活の中で「意識」して行動していることは5%ぐらいだと言われています。一時間で考えるとたった4分30秒です。一日の生活を振り返ってみると、僕たちは朝起きてからの行動は「無意識」に行動しています。ごはんを食べて、歯磨きをして…など「意識」せず行動にうつしています。学校に行く通学路も「意識」せずに歩いていくはずです。「この道を30m直進し、左折して…」と意識しながら歩いている人はいませんよね。こう考える1時間のうち4分30秒しか「意識」して行動していないかもしれないと思えてきます。先日、ある生徒さんが「めんどくさい」「ムリ」などの言葉を「無意識」に繰り返し使ってましたが、繰り返し使う内に「無意識」の層に刻み込まれます。いざ勉強しようと「意識」すると「めんどくさい」と刻み込まれた「無意識」が反対します。5%の「意識」と95%の「無意識」の戦いなので、どちらが勝つか目に見えています。夜遅くまでスマホを触っていたなど、「無意識」が「意識」に勝った結果です。目標を達成する人や夢をかなえる人は「意識」して「できる」、「チャレンジする」、「こうなる」と口に出して言います。サッカー選手の本田圭佑選手はいつも高い目標を口にしています。彼は「無意識」の層に働きかけ、目標達成のための行動を自然にとれるようにしているのです。つまり「無意識」を味方につければ目標達成に近づいていきます。なぜなら行動の95%が「無意識」に選択されるわけですから。「無意識」を使う方法は簡単です。「無意識」に自分の目標を語り掛けるだけです。朝起きてからや夜寝る前などに何度も目標を口に出してみてください。「無意識」の層にその「意識」を書き込んでいくわけですね。毎日続けていくと、次第に目標に対してふさわしい行動をとれるようになります。但し、「ムリ」、「できない」、「めんどくさい」などを口に出していると効果がなくなりますので要注意です。「無意識」を使うコツは、目標を強く「意識」して、前向きな言葉を発することです。まずはポジティブな言葉を「意識」して口に出してみましょう。その言葉の積み重ねが未来を変えてくれるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

rego

年長の息子がレゴブロックにハマっていまして、先日は自分で作ったレゴブロックの作品が、動き出し、音を奏でるといった、レゴファンの夢をかなえてくれるレゴの製品『レゴ ブースト』を体験してきました。身体が大きいので小学生と間違われましたが、2020年の小学校でのプログラミング教育の...