2016年7月16日土曜日

100点と70点

100点と70点。どちらがいいでしょうか?もちろん100点ですよね。では、将来伸びそうなのはどちらでしょうか?とりあえず答えだけ覚えてとった100点。自分で考えて考えて間違った部分もある70点。仕事でも趣味でもなんでもそうですが、ついつい100点と評価してもらおうと背伸びをしてしまいます。それが成長につながる背伸びならまだしも、そうでなはなくただつくろうだけ…。別に100点と評価されても大した事はないのに、それでも見栄とかなんとかで…。100点で褒められるだけの状態はもう終わっています。それ以上発展の余地がないからです。70点ならばまだ30点分あるから間違ったところを見直せば伸びます。間違ったところをどんどん見直せたらいいのに。成長したい。頑張りたい。やる気がある。言葉だけならなんとでも言えます。でも本当に必要なのは“無駄な100点”をとることではなく、70点でもたとえ40点であっても自分の今持っているものをそのまま出す。そして有意義で率直な評価や考えを受け入れられることだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

塗り重ねていくこと

テスト真最中の中学もありますが、ある生徒が「テスト範囲が短くなった!」と喜んでいました。多くの中高生が「試験範囲だけを勉強しよう」という姿勢でテスト勉強をしていますが、試験範囲を勉強することは当たり前ですよね。しかし英語に関しては「一部だけ」を切り取って勉強しているうちは、い...