2015年10月23日金曜日

一流の人は基礎を磨く

最近では授業の中で入試問題に触れる機会が多くなってきました。いよいよ各自目標に向かって緊張感が高まってくる時期ですね。今までは定期テスト前の一夜漬けで覚えた一時的な記憶なので短時間で忘れてしまう生徒が多いと思います。しかし、それでは入試は当然通用しません。そのため、入試問題演習を行う中でここの単元が弱いから、もう一度基本に戻って基礎を繰り返しやり直そうと学習指導を行っています。応用を何問も繰り返し解いたところで分からない問題は分かりません。しかし、基礎をしっかり繰り返し思い起こすことで、強固な記憶となって忘れにくくなり、応用力も身に付くと思います。かの有名なイチロー選手も、毎日何度も基礎の練習を怠りません。身体を鍛えるスポーツも脳を鍛える学習も通じるものはあると思います。スポーツ選手は身体を柔らかくしながら、基礎体力を維持した上で固い筋肉をつけていきます。脳も、基礎を繰り返し反復した上に、柔軟な応用力を覚えながら、新たな難しい課題を克服していきます。才能がある人は確かにいると思います。しかし、誰だって最初からプロ野球選手みたいな人はいません。何をやるにしても基礎トレーニングは一番大切なものだと思います。「一流の人は基礎を磨く」皆さんも一流の人であり続けて下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

塗り重ねていくこと

テスト真最中の中学もありますが、ある生徒が「テスト範囲が短くなった!」と喜んでいました。多くの中高生が「試験範囲だけを勉強しよう」という姿勢でテスト勉強をしていますが、試験範囲を勉強することは当たり前ですよね。しかし英語に関しては「一部だけ」を切り取って勉強しているうちは、い...