2016年5月30日月曜日

勉強は正直もの

各中学、そしてほとんどの高校が新学年としての初めての定期テストを終了しました。結果もぼちぼち出て、報告してくれていますが、結果を見てみると勉強というのは本当に正直だなぁと思います。特に定期テストでは範囲も指定されていますし、その範囲も模試や入試ほど広くありません。日々の学習がどれだけきちんとやれていたかがダイレクトに反映されます。テストの直前になって無理やり詰め込むような学習では、思うような結果は得られません。どの生徒さんも同じで、テスト直前は一生懸命やりますが、テスト直前に必死になって勉強するのは当たり前のことです。直前ではない時期から次のテストを意識してどれだけ取り組めたかが結果として現れます。終わってしまったテストを「後悔の材料」だけにしてしまって次の行動にうつすことができなければ、次もまた同じ、あるいは悪くなってしまうだけです。当然のことながら、学習内容は学年を追うごとに複雑になっていきますので、今回以上の取り組みをしても現状維持が関の山です。テストが終わってお疲れ様と言いたいところですが、次のテストがやってくるのは決まっています。テスト直前と全く同じことをしなさいとは言いませんが、「勉強時間0分」という過ごし方だけは避けてください。テストの復習をする、できなかった問題を解き直すなどやることはいくらでもあります。部活動も忙しくなってくるとは思いますが、学習においても結果を出したいのであれば、しっかり勉強にも取り組んでもらいたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

rego

年長の息子がレゴブロックにハマっていまして、先日は自分で作ったレゴブロックの作品が、動き出し、音を奏でるといった、レゴファンの夢をかなえてくれるレゴの製品『レゴ ブースト』を体験してきました。身体が大きいので小学生と間違われましたが、2020年の小学校でのプログラミング教育の...